施術をするならば

カウンセリング

仕組みやサービス内容とその効果を知りたい

多くの女性は、小さな顔にあこがれる傾向があります。芸能人やモデルなどは、顔が小さいため自分もそのようになりたいと考えるでしょう。ただ、自分自身でダイエットなどをしても限界がありますので、このような場合には専門家に行ってもらうのがよいです。いわゆる小顔矯正と呼ばれるものがこれにあたります。小顔矯正にもさまざまな種類がありますが、一般的にはマッサージをする方法や指圧をする方法、それ以外にも注射を打ち顔を小さくする方法が考えられます。それぞれのサービス内容ですが、たいていの場合カウンセリングがあるのが特徴になります。なぜカウンセリングを行うかといえば、現在どのような状態になっているかを本人と一緒に施術者が確認をすることがまず一つです。本人に確認して、どのような原因で顔が小さく見えないかを知っておくことが必要になるでしょう。原因が分かれば、本人も納得して手術を受けることができるだけでなく、今まで自分がわからなかったことを理解することができるため、勉強になります。それに基づいて、施術者も適切な治療方法を提案していく流れです。それに加えて、カウンセリングは患者からの質問をする場でもあります。患者が初めての場合、いろいろな疑問が頭の中に浮かぶかもしれません。人によっては、不安に感じて施術に踏み切れないような人もいるでしょう。そこで、積極的にカウンセリングの段階で患者から質問を受ける仕組みを採用し、結果的に疑問がない状態で安心して手術を行うようにします。これは、施術者にもメリットがありますが、患者にとっても大きなメリットがあるといえます。

小顔矯正をする場合には、どのような効果は出るか気になるところです。効果が全く出ないのに、わざわざ小顔矯正をしようと考える人はいません。そこで、どのような効果が出るかそしてどれぐらい効果が出るまでに時間がかかるかを見ていきましょう。まず、指圧をする方法やマッサージをする方法の特徴は、骸骨のずれを治すことです。人間の頭がい骨は、複数の骨から成り立っており、それぞれ微妙にすき間があることが分かっています。外側から手で触っても分かりませんが、実際にはわずかなすき間が空いており、人間の生活習慣などでこのすき間が広まったりあるいはズレたりしてしまうようなこともあります。そうすると、本来の形よりも大きくなってしまうことがわかるでしょう。例えるならば、洋服をタンスにしまう場合と同じになります。きれいにたたんでしまえば少ない面積でしまうことができますが、ぐちゃぐちゃにしまったとすれば、割と面積を取ってしまうでしょう。つまり、すき間をなくして丁寧に縮小してやれば必要最小限の大きさで抑えることが可能になるわけです。この方法だと、施術をしたその時から効果を発揮することができます。施術前に写真を撮り、手術が終わった瞬間に写真を撮ることでひと回り顔は小さくなっていることが分かるはずです。効果の持続は人によって異なるものの、やはり数カ月から数年かかると元に戻る可能性も考えられます。この場合には、もう一度施術をしてもらいましょう。注射で顔を小さくする場合には、その日のうちに効果が出るとは限りません。たいていの場合、二日午後から1週間の間で効果が出始めます。その効果の持続期間は、およそ半年ほどになるでしょう。